ニキビ跡 原因 対策

ニキビ跡ができる原因と簡単な対策

ニキビができると、それだけで、その日1日が悪い日になると思ってしまうほど、ニキビ1つできることはショックなことです。
さらに、それがニキビ跡として残ってしまった時には、ボコっと穴があいて目立ってしまうので、さらに気落ちしてしまいます。

 

そこで、ここでは、ニキビ跡ができる原因と対策について紹介したいと思います。
ニキビ跡ができる理由として、できたニキビを無理やりにつぶすとそうなると、誰からも言われたのではないでしょうか。

 

そして、その後に、よく言われるクレーター(肌がぼこっとへこむこと)ができてしまうとされています。でも、実はそうではなく、ニキビをそのまま何のケアもせずに放置しておくことが、ニキビ跡につながる最大の原因なのです。

 

そのニキビ跡ができないようにするためには、まずは、ニキビ部分にアルコールを塗りましょう。アルコール純度99%のものがドラッグストアなどで売っていますから、それを利用して汚れた手ではなく、綿棒、もしくは洗った手で患部につけるようにしましょう。

 

さらに、できれば、ビタミンCが含まれているクリームをそこに塗るようにすると、より効果があります。また、普段から毛穴を大きくしないよう、日焼け止めも塗りましょう。

 

また、何よりもニキビができて、それが跡になるということは、食生活や生活習慣が乱れているためにそうなります。ですから、規則正しい生活、例えば早寝早起きを心がけ、ご飯を食べる時間なども決めましょう。

 

そして、食生活は体を良くも悪くも作用する、最大の要素となります。
ニキビ跡が残らないようにするためには、ビタミンを多く含んだフルーツや野菜をたくさんとるようにしてください。
食べ方としては、胃が空っぽの状態の時にそれらを食べると、体に良い成分が吸収しやすくなりますから、食べ方も意識してください。

 

さらに、ストレスはニキビができる、またニキビ跡を残してしまう原因になります。
ですから、できるだけストレスを抱えないような生活を送るようにすれば、ニキビもニキビ跡もできにくくなります。