皮膚科 ニキビ治療

皮膚科ではどんなニキビ治療が行われるのか

ニキビは自宅でのスキンケアだけではなく、皮膚科で治療する事が出来ます。
ニキビで皮膚科を受診すると一体どのような治療が行われるのか紹介しましょう。

 

昔から行われているニキビ治療のひとつが、塗り薬によるものです。
一昔前までは、硫黄が主成分の塗り薬が使用されていましたが、今では殆ど処方される事はありません。現在では赤ニキビには、抗生物質の塗り薬が処方される事が多くなっています。
また、毛穴の詰まりが原因の白ニキビに効果があるディフェリンゲルも多くのクリニックで取り扱うようになってきました。

 

皮膚科ではこうした外用薬に加えて、飲み薬も処方されます。
飲み薬には、ビタミンCやビタミンB剤、亜鉛、漢方、抗生剤が処方されるのが一般的です。

 

美容皮膚科と言われるクリニックでは、マシンを導入したニキビ治療も行われています。
イオン導入やフォトフェイシャルなどがこれにあたりますが、これらは保険適用外となります。

 

一般的なニキビ治療よりも効果の出るスピードは速いですが、その分一回あたりの費用も高くなっています。
こうしたマシンを使用したニキビ治療は、可能なクリニックが限定されるので事前にホームページなどで確認しておかなければなりません。

 

最後に紹介するのが、もはやニキビ治療の主流となったピーリングです。
ピーリングは、肌の古い角質を取り除き毛穴の詰まりを取り除き、肌を生まれ変わらせる治療方法となります。
ピーリングにもいくつかの種類がありますが、特にグリコール酸を使用したケミカルピーリングやサリチル酸を使用したピーリングが人気があります。
ピーリングも保険適用外のニキビ治療方法です。

 

皮膚科によっては、ニキビに良いスキンケアや生活習慣についてのアドバイスをしてくれる所もありますし、オリジナルのニキビケア化粧品を販売している所もあります。

 

上記以外にも、皮膚科によって様々な治療方法が行われており、信頼出来る皮膚科を見つけられるかどうかでニキビに対する効果も変わってくるでしょう。
ニキビ治療と平行して、規則正しい生活習慣や洗顔方法を心がけることも重要です。