敏感肌 ニキビ 対処

ニキビが治りにくい敏感肌の対処法

敏感肌は、ニキビができるとなかなか治りにくい状態が続きがちです。
敏感肌の人は、肌が乾燥しやすい状態にあることが多いです。
肌の乾燥は皮膚トラブルを引き起こしやすく、治りにくい状態を作り出してしまいます。

 

また、敏感肌の人の中には、バリア機能が低下していることもあるため、炎症を起こしやすい状態に陥ってしまう場合もあります。基本的に敏感肌は、ニキビができやすいと共に、治りにくいといった状態の人が多いと言えます。

 

では、敏感肌である場合の効果的なニキビの治し方はないのかといったら、そういったわけでもありません。日々のケアに気を配るだけでも、かなり改善スピードが変わってきます。

 

ただし、ケアには細心の注意を払って行うことが大切です。
敏感肌のニキビケアの方法で注意したいのは、肌にあまり負担をかけないようにすることです。
刺激に弱い性質であるため、できるだけ、肌にやさしい成分の洗顔料を選ぶことが大切です。
刺激の強いピーリング成分が含まれている洗顔フォームやスクラブ洗顔料などは避けるようにしましょう。

 

洗う際には、しっかり泡立て、泡でなでるようにやさしく洗うのがポイントです。強くゴシゴシ洗いは、皮膚の表面を傷つけて肌トラブルを引き起こしてしまうからです。

 

すすぎ洗いはぬるま湯で行います。熱いお湯は肌を乾燥させやすくしてしまうので、ぬるま湯で泡が残らないようにキレイに落としましょう。

 

できるだけ洗顔で肌に負担をかけないようにするため、多くても朝晩のみに行うようにしましょう。
洗顔後はしっかり保湿ケアを施します。肌が乾燥してしまうと皮脂を分泌しやすくなり、ニキビが治りにくくなってしまいます。

 

そのため、肌をしっかり保湿して皮脂の分泌を抑えることが大切となります。
オイル成分は肌に刺激が強いですので、できるだけノンオイルタイプのスキンケア商品を選ぶことがポイントです。

 

敏感肌の人は、ニキビが治りにくい体質でもあるだけに、できるだけできないように気をつけることが大切です。ニキビはホルモンバランスと大きく関係しています。

 

ニキビを予防するためには、規則正しい生活習慣を送るようにし、バランスのいい食事を摂り、ストレスを溜めないようにすることが大切です。